お知らせ
お知らせ

第16回全国大会「国内外の地域医療DXの実際と地域包括ケアの今後」開催のお知らせ

下記の通り、第16回目となる全国大会をオンライン・オフラインのハイブリッド開催で行います。
会員・非会員問わずご参加いただけますので、ぜひお申し込みくださいませ。

お申し込みはPeatix上のこちらのページよりお願い致します。
(お申し込み期日:10月13日(木)中と致します)

大会概要】

  • 開催日時:
    2022年10月15日(土)15時40分開場 16時~18時45分
  • 開催方式:
    会場開催+オンライン配信
  • 参加費:
    ・会場参加→ 参加費:4,400円 (先着順定員20名)
    ・オンライン参加→ 参加費:2,200円(先着順定員200名)
     *オンライン参加の場合、学生・研修医の皆さまにつきましては参加費を無料にしております。
  • 対象:
    医師、医療介護看護従事者、医師会、行政、関連企業、メディア、患者等関心のある方
  • 申込方法:
    Peatix上のこちらのページよりお申込みください。
    なお、学生・研修医で無料招待をご希望の場合は、Peatixからではなく、メールにてinfo@ikairen.net宛てに学生証を添付の上、お申し込みください。


プログラム】(順次、ご講演概要等更新してまいります)

  • 開会の挨拶  土屋淳郎(医介連研究会 会長、土屋医院 院長)

<第1部> 国内外での医療DXの実際と今後 (座長:山下巌 医介連研究会 副会長、山下診療所理事長)

  • 特別講演1: かかりつけ医の役割とオンライン診療の今後
     演者 矢野 好輝(厚生労働省 医政局 総務課 保健医療技術調整官)
  • 特別講演2: 国民と医療介護現場の役に立つ医療DX~日本医師会の取り組み~                                   
     演者 長島公之(日本医師会常任理事)
  • 特別講演3: 海外展開を視野に入れた「ICTデバイスを活用したスマートヘルスケアシティ」構想                                   
     演者 宮川 一郎(習志野台整形外科内科 理事長兼院長)
  • パネルディスカッション 「これからの医療DXを考える」

<第2部> 地域での医療ICTの実際と今後 (座長:土屋淳郎 医介連研究会 会長、土屋医院 院長)

  • 講演1: 地域医療ICTの事例紹介 
     演者 土屋淳郎(医介連研究会 会長、土屋医院 院長)
        小倉佳浩(医介連研究会常務理事、株式会社レイヤード 地域医療ICT推進室長)
  • 講演2: コロナ禍でのICTを活用した多職種連携の実際
     演者 谷合久憲(医介連研究会理事、たにあい糖尿病・在宅クリニック 院長)
  • 講演3: 地域包括ケアシステムにおける栄養ケア・ステーションの実際と今後
     演者 田中 弥生(関東学院大学 栄養学部管理栄養学科教授)
  • 質疑応答
  • 事例紹介・講演に関連する企業・事業者との情報交換セッション

*本会に関するお問い合わせは、info@ikairen.net宛(弊会事務局宛)にお願い致します。